太陽光発電のメリット・デメリットとは? 初心者にもわかりやすく解説 – EcoFlow Japan

太陽光発電のメリット・デメリットとは?
初心者にもわかりやすく解説

地球環境に優しいエコな発電として注目されている太陽光発電ですが、一般家庭に導入した際のメリットやデメリットが気になる人も多いのではないでしょうか。

太陽光発電は、自家発電ができるだけではなく、余剰電力を売って収入を得たり停電時の非常用電源としたりと、さまざまな用途があります。

この記事では、太陽光発電のメリット・デメリットを初心者にもわかりやすく解説していきます。

太陽光発電が注目されている理由

近年、太陽光発電が注目を浴びている理由は、地球環境に有害な物質を排出しない「再生可能エネルギー」によって発電ができるからです。

地球環境に優しいのはもちろんのこと、発電した電気を電力会社に売電することができ、高い節電効果を発揮します。

また、災害時に万が一停電してしまった場合、太陽光発電があれば電気を使用することも可能です。

太陽光発電システムの設置費用は年々安くなってきており、以前よりも一般家庭にも導入し やすい状況になったことも注目が高まってきている理由の一つです。

太陽光発電のメリット

太陽光発電システムは、地球環境に優しい発電を実現し、さらに生活に安心感をもたらす設 備となっています。 例えば、復旧の目処が立たない大規模な停電が発生した時にも、太陽光発電システムと太陽 さえあれば、例えば寒冷地などの厳しい環境下でも一時的に寒さを凌ぐことができます。 私たちの生活に太陽光発電システムを取り入れた時、どのようなメリットが生まれるのかを 詳しく解説していきます。

◆ CO2を削減して地球環境保護に貢献できる

太陽光発電システムとは、ソーラーパネルに太陽光が照射することで、太陽エネルギーを電 気エネルギーに変換する設備のことです。 太陽光発電の原理は、火力発電のように石油を燃焼させることがないため、大気汚染物質を 発生させる心配もありません。 1kWシステムの年間発電量を1,000kWhと過程した場合、結晶系シリコン製ソーラーパ ネルによるCO2削減効果は、年間399.5kg/kWhです。 年間399.5kg/kWhという数字は、毎年227リットルもの石油を削減していることにな り、地球環境保護に大きく貢献していることがわかります。

◆ 余った電気を売ることができる

太陽光発電システムを導入した時、FIT制度を利用することで電力会社に余った電気を売 ることができます。 FIT制度は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度のことです。一般家庭で太陽光発電 システムを導入した場合、固定価格で10年間売電収入を得られるようになります。 経済産業省では、2022年度における売電価格を「1kWhあたり17円(10kW未 満)」と発表しています。 年々高騰する電気代に対して不安に思っている人もいるのではないでしょうか。そんな時 は、太陽光発電で生み出した電気を自家消費することで、電気代高騰の影響を一切受けなく なります。 つまり、売電と自家発電を併用すれば、長期的に電気代を効率よく節約できるということで す。

◆ 停電時でも家電などを稼働させられる

毎年のように大きな自然災害に見舞われる日本では、停電時の非常用電源の需要が高まって きています。 太陽光発電なら万が一停電が起こったとしても、電子レンジやファンヒーターなどを稼働さ せることが可能です。 被災時のライフラインを確保でき、親族や友人などと連絡を取り合うスマートフォンの充電 が切れる心配もありません。

◆ 電力使用量を見える化できる

太陽光発電システムは、ソーラーパネル以外にもさまざまな装置を併せて導入します。 「HEMS」という電力モニターでは、リアルタイムで売電・買電状況を把握することができ ます。各家電でどのくらいの電力を消費しているかを見える化できるため、節電にも役立つ でしょう。 太陽光発電自体に大きな節電効果がありますが、電力使用量の見える化により、高い省エネ意識が芽生えるのです。

◆ 断熱効果で暮らしが快適になる

住宅用太陽光発電システムには断熱効果があるため、より快適な暮らしを実現させます。 屋根にソーラーパネルを取り付ける形となります。屋根材と一体化したソーラーパネルに は、物理的な断熱効果があり、屋根表面の温度が適切に保たれます。 つまり、夏は熱を吸収しにくく、冬は室内の暖気を逃しにくいという快適な環境で生活を送 ることが可能です。

◆ 折りたたみ式ソーラーパネルなら場所を選ばず使える

ソーラーパネルと聞くと、屋根や敷地に置く大きなパネルをイメージする人も多いでしょ う。 しかし、近年においては、女性でも手軽に持ち運びできる折りたたみ式のソーラーパネルが 普及してきています。 折りたたみ式ソーラーパネルは、キャンプやアウトドアなどのシーンで太陽光発電が可能で す。例えば、電源サイトがないキャンプ場でスマートフォンに充電をしたり、DIY機器を稼働させたりすることができます。 災害時にも、自宅から離れた場所でも電気を使えるようになるため、拠点を選ばない非常用 電源としても注目されてます。

あらゆるシーンで活用できる両面受光型ソーラーパネル

EcoFlowでは、両面受光パネルを採用し、高い発電効率で電気を生み出せる「220W両面受光型ソーラーパネル」をご提供しています。

表面から太陽光を受けるだけではなく、裏面からも地面などの反射光を受光し、最大25%の変換効率で発電可能です。変換効率は20%以上で、パフォーマンスに優れた製品とされるため、非常に高いポテンシャルを秘めた折りたたみ式ソーラーパネルです。 キャンプやピクニック、車中泊などさまざまなシーンで活用できる太陽光発電を、この機会に生活に導入してみてはいかがでしょうか?

コンパクトでパワフル!220W両面受光型ソーラーパネルの製品概要はこちら

太陽光発電のデメリット

太陽光発電システムを導入する際、ネックとなるのが導入コストです。また、経年劣化を避けられないため、業者による定期メンテナンスが必要とされます。太陽光発電システムは、デメリットも十分理解した上で導入を検討しましょう。

◆ 設備の導入コストがかかる

太陽光発電システムの導入コストですが、2022年における住宅用太陽光発電の場合は、「1kWあたり約27.5W」が相場とされています。

 一般家庭の平均設置容量は、大体4.50kW〜5.00kWの間となるため、設置費用相場は「130万円前後」になると想定しておきましょう。

 ただし、2010年頃と比較すると設置費用は100万円以上安くなっています。

 さらにFIT制度で売電収入を得ながら自家消費すれば、10年を目安に設置費用の大部分を回収することが可能です。

◆ 定期メンテナンスが必要になる

ソーラーパネルは、長年使い続けると汚れやひび割れによってパフォーマンスが低下します。

経年劣化は避けられないため、定期的にメンテナンスが必要とされます。住宅用太陽光発電システムの場合、メーカーによるメンテナンスサービスが付帯しているかどうかを必ず確認しましょう。

また、地震や台風などの自然災害後は、ソーラーパネルにゴミが乗っていたり、破損が起こっていたりする可能性もあります。

メンテナンス予定日以外にも、必要に応じて点検や修理を依頼しなければならないケースもあると想定しておきましょう。

蓄電池を組み合わせるとさらなるメリットあり!

太陽光発電の効果を最大限発揮させるのが、電気を本体に蓄えておける蓄電池です。 蓄電池は、太陽光発電で生み出した電気を蓄電することで、必要な時に給電できる仕組みとなっています。 一般家庭に太陽光発電を導入する場合、蓄電池と組み合わせるとどのようなメリットが生まれるのかをご紹介していきます。

◆ 夜間でも給電が可能

太陽光が射している時間帯に、蓄電池に電気を貯めておくことで、太陽が沈んだ夜間でも電力消費することが可能です。

例えば、夜間に電気料金が高くなるプランの場合、昼に蓄電池に貯めておいた安い単価の電気を、夜に消費することもできます。

FIT制度が終了した後、蓄電池があれば自家消費によって高い節電効果を発揮します。

◆ 電気自動車を稼働させられる

太陽光発電と蓄電池をセットで導入した場合、電気自動車への充電も可能となります。

例えば、大きな地震によって停電が起こった際、蓄電池に貯めておいた電気で電気自動車を動かせるため、避難所まで車で移動することができます

電気自動車以外にも、ご家庭にあるあらゆる電気機器に必要なタイミングで給電できるため、生活に大きな安心感をもたらすでしょう。

※電気自動車への充電は、自動車等の互換性の確認、場合によっては変換プラグ等のアクセサリーの購入が必要な場合があります。

◆ ポータブル電源との組み合わせもおすすめ

蓄電池の重要な機能を備えつつ、コンパクトサイズにしたのがポータブル電源です。

野外にも気軽に持ち運びできるポータブル電源なら、自宅から拠点を変えてもパワフルな給電が可能です。

折りたたみ式ソーラーパネルとポータブル電源を組み合わせることで、太陽光発電でポータブル電源に充電をしながら、スマートフォンや電気機器に給電することもできます。

例えば、EcoFlowのポータブル電源「DELTA Max2000(デルタ マックス)」なら、1台で定格出力2,000Whのパワフルな給電が実現し、最大15台のデバイスへ同時給電が可能となります。

非常用電源として活躍するのはもちろんのこと、休日のキャンプやアウトドア体験をより充実させるアイテムとなるでしょう。

まとめ

再生可能エネルギーとして世界中で注目されている太陽光発電は、一般家庭にも年々普及が進んでおり、益々注目を浴びています。

もう一度、太陽光発電システムを導入するメリットについて振り返りましょう。

● CO2を削減して地球環境保護に貢献できる
● 余った電気を売ることができる
● 停電時でも家電などを稼働できる
● 断熱効果で暮らしが快適になる
● 折りたたみ式ソーラーパネルなら場所を選ばずに使える

太陽光発電を導入する際に懸念される点は、導入コストなどです。ただし、FIT制度を活用することで長期的にコストを回収できるため、十分に受け入れられるデメリットであると認識してください。

それでも、屋根に設置するソーラーパネルの導入コストがネックになるという人には、EcoFlowのソーラーパネルとポータブル電源を組み合わせた「太陽光発電セット」がおすすめです。

ご紹介した「220W両面受光型ソーラーパネル」は、高耐久で防塵・防水性能もしっかり備わっており、防災グッズとして万能な働きをします。

ポータブル電源「DELTA Max2000(デルタ マックス)」と組み合わせることで、充電をしながらも、独自のX-Boost技術で最大出力2,400Wの給電が実現します。

いつ直面するかわからない自然災害の脅威に備え、この機会に太陽光発電セットを導入してみてはいかがでしょうか。
 
停電時・キャンプ・車中泊で大活躍!220W両面受光型ソーラーパネル
 
非常時にも電気が使える安心感!DELTA Max2000(デルタ マックス)

EcoFlow