夏に起こりやすい災害と対策とは? 停電時の暑さ対策を徹底解説 – EcoFlow Japan

夏に起こりやすい災害と対策とは?
停電時の暑さ対策を徹底解説

夏に起こりやすい災害で停電が起こった時、どのような防災グッズがあれば熱中症対策ができるのか気になる人は多いでしょう。

もしも真夏日にエアコンや冷蔵庫の稼働が止まった場合、どのように体温を下げたり水分を補給したりするか真剣に考えなければなりません。

そこでこの記事では、夏に起こりやすい災害や、停電時の熱中症対策・予防法などを詳しく紹介していきます。

夏に起こりやすい災害とは?

災害大国とも呼ばれる日本では、毎年のようにどこかで大規模な風水害が起こっています。

現在は、首都圏直下地震や南海トラフ巨大地震などがいつ起こってもおかしくない状態であり、住宅や家具を耐震化し、水と食料を備蓄しておくことはとても大事です。

大規模な地震・台風・集中豪雨のいずれにも起こりうる二次災害が、停電による二次災害です。

停電が真夏に起こった場合、体温を下げる手段がなくなって熱中症になる可能性が高く、最悪の場合、命を落とすこともあります。

夏に限らず、夜に電気を使えないとガラス片を踏んで大怪我をする可能性があるため、常に防災対策をしておくことが、自分の命、そして家族の命を守ることにつながるでしょう。

夏の停電で起こりうるトラブル例

もしも真夏に地震や台風で停電が起こった場合、生活に欠かせない以下のような家電の稼働が停止します。

・エアコン
・扇風機
・冷蔵庫
・電子レンジ
・電気ケトル
・炊飯器など

さらに停電は水道が止まる原因にもなり、水を備蓄していないと十分な水分補給ができない可能性もあります。

真夏の停電が生活にどのような悪影響を及ぼすのかを詳しく解説していきます。

エアコンや扇風機が使えず、熱中症になる

停電によって家庭用コンセント(AC電源)からの給電ができなくなるため、エアコンや扇風機の稼働が止まります。

日中に冷房機器が停電した場合、体温が上がって熱中症になるリスクが高まります。熱中症は屋外に限らず室内でも起こるため、風通しの悪い部屋では特に気をつけなければなりません。

また、子どもや高齢者は熱中症の症状に気づくのが遅れるケースもあるため、自分だけではなく家族全員に気を配る必要があるでしょう。

冷蔵庫が使えず、食料が腐る

冷蔵庫の稼働が長時間停止した場合、食料・飲料水が腐ってしまう可能性があります。

食料や水だけではなく、冷却アイテムも使えなくなるため、体温を下げる手段が少なくなってしまいます。

また、停電が復旧しても冷蔵庫の電源がすぐに入らないケースがあり、1時間以上経過しても稼働しない場合には、修理を依頼しなければなりません。

スマートフォンやノートPCを充電できなくなる

AC電源からスマートフォンやノートPCを充電している人は、停電によって充電が切れてしまうリスクが高まります。

特にスマートフォンは、災害時に家族や友人と繋がるライフラインにもなるため、充電が切れてしまうことは避けなければなりません。

Wi-Fiルーターも停電によって止まってしまうため、ビジネスにおいても多大な悪影響が出るでしょう。

断水によって水分補給ができなくなる

停電と水道は一見関係ないように思えますが、実は水道の供給には少なからず電気が使用されています。

実際に、停電時に長時間にわたって断水が起こるケースは多々あり、熱中症対策に必要な水が足りなくなるだけではなく、お風呂やシャワーで汗を流すこともできなくなってしまいます。

夏場の災害において水分補給ができなくなることは、命に関わる問題のため、家族全員分の飲料水を備えておく必要があるでしょう。

夏場の停電時の暑さや熱中症対策を紹介

 地震や台風などの自然災害を避けることはできませんが、災害によって起こる停電を想定した熱中症対策・予防策を打つことができます。

冷蔵庫がなくても腐らない食料や水を用意しておくのはもちろんのこと、扇風機やポータブルクーラーを稼働できるポータブル電源を利用した対策を打つことがおすすめです。

では、夏場の停電時の暑さ対策や熱中症対策を具体的に紹介していきます。

飲料水はスポーツ飲料水も用意しておく

夏場の停電対策で最初にやるべきことは、数日以上持つ量の飲料水を確保しておくことです。

飲料水は水だけではなく、常温保存が可能なスポーツドリンクも用意しておきましょう。なぜなら、汗をかくことで水と塩分(ミネラル)が同時に失われるからです。

スポーツドリンクは、開封後に常温保存すると菌が繁殖してしまうため、一度口にしたらポータブルクーラーに移すことをおすすめします。

また、飲料水の他に有り余るほどの水を用意しておけば、体を冷やしたい時に水風呂をつくって熱中症対策に役立てることが可能です。

ポータブル電源で電気を供給する

停電時に安全に電気を供給できる便利なアイテムがポータブル電源です。

ポータブル電源とは、本体に充電可能なリチウム電源を搭載した機器で、長時間にわたって家電への給電やスマートフォンへの充電が可能となります。

停電対策としてポータブル電源を購入する際は、容量と出力に注目してください。容量が大きいほど多くの電力を本体に蓄電することができ、出力が大きいほど消費電力の大きい電気機器を稼働させられます。

例えば、消費電力150Wの家電を3時間稼働させたい場合、450Wh(150W×3h)以上の容量のポータブル電源を選びましょう。

圧倒的容量・出力を誇る「EcoFlow DELTA Pro」

EcoFlow|DELTA Pro

停電時に熱中症対策となる家電を稼働させたい場合、圧倒的な容量と出力を備えたEcoFlowの「DELTA Pro」がおすすめです。

容量3,600Wh・定格出力3,000Wの「DELTA Pro」なら、停電時にポータブルクーラーやポータブル冷蔵庫を同時に稼働させることができます。

DELTA Pro2台をダブルボンテージハブ(オプション品)で接続すれば定格出力6,000Wとなり、起動時に出力3,000Wを超える家庭用エアコン200Vも安定的に稼働させられます。

ポータブル電源は、防災グッズとして非常に優れたアイテムであり、室内だけではなく屋外に持ち運んで利用できるのも大きなメリットです。

夏場の停電時にパワフルで安全な給電を実現する「DELTA Pro」

ソーラーパネルで発電をする

ソーラーパネルを導入することで、停電時にもさまざまな家電を稼働させることが可能です。

屋根に設置するタイプの大型ソーラーパネルの設置が難しい場合、持ち運び可能な折りたたみ式ソーラーパネルが防災グッズとして重宝します。

折りたたみ式ソーラーパネルはポータブル電源と接続し、ポータブル電源本体にあるAC端子やUSB端子から、家電への給電やスマートフォンへの充電が可能です。

さらに、太陽光発電をしながらポータブル電源へ蓄電することもできるため、長時間にわたって家電を稼働させられます。

コンパクトなのにパワフルな「EcoFlow 400Wソーラーパネル」

EcoFlow|400Wソーラーパネル

EcoFlowの「400Wソーラーパネル」なら、あらゆる気象条件下で発電効率(変換効率)を最大化できます。

ソーラーパネルの変換効率は20%以上で高パフォーマンスと呼ばれていますが、EcoFlowの400Wソーラーパネルは変換効率「最大22.6%」という業界最高水準クラスの発電効率を誇ります。

1枚だけで400Wの給電を実現するため、ポータブルクーラーやポータブル冷蔵庫を稼働させることが可能です。

停電時だけではなく、キャンプやアウトドアシーンでも活用できるため、一家に一台置いておきたい万能なアイテムです。

停電時、災害時にパワフルな発電ができる「EcoFlow 400Wソーラーパネル」

ポータブル冷蔵庫で食品や飲料水を冷やす

ポータブル電源を購入したなら、食料や飲料水、冷却アイテムを冷やせるポータブル冷蔵庫の導入も検討しましょう。

実際に停電した場合は、安全に行動できるタイミングでポータブル冷蔵庫を稼働させ、冷蔵庫から食料・飲料水・保冷剤などを移してください。

ポータブル冷蔵庫を選ぶ際は、ポータブル電源やソーラーパネルで稼働させられる消費電力かどうかをチェックしましょう。

家庭用ポータブルクーラーで体温を下げる

家庭用ポータブルクーラーとは、工事不要・室外機不要で設置できる小型のエアコンのことです。

ポータブル電源とポータブルクーラーを接続すれば、停電時でも冷風をおくって熱中症対策をすることができます。

出力によって冷却能力が異なり、家庭用につくられたモデルは部屋全体を冷やすのではなく、あくまで一部のスポットを冷やす目的で利用されています。

冷却力・稼働時間・携帯性を備えた「EcoFlow Wave」

EcoFlow|Wave

「冷却力が高く、長時間稼働できるポータブルクーラーが欲しい」という人には、新時代のポータブルクーラー「EcoFlow Wave」がおすすめです。

「EcoFlow Wave」には、本体に着脱式のバッテリーが搭載されており、停電時に電源を確保できない状態でも最大8時間稼働させられます。

5㎡〜8㎡(約3畳〜4.8畳)の空間を、わずか8分で30℃から24℃まで冷やすパワフルな冷却力を誇り、屋内外の幅広いシーンで活用できます。

ソーラーパネルを利用した充電にも対応しているため、停電の復旧が遅れた場合にも熱中症対策として万能な働きをするでしょう。

いつでもどこでもパワフルな冷却力と長時間稼働を実現する「EcoFlow Wave」

暑さ対策グッズをリュックに入れて準備しておく

夏場の暑さ対策グッズは、ドラッグストアや100円均一ショップなど多数揃えることができます。

例えば、以下のようなグッズを揃えてリュックやバッグに入れておくことで、非常時にすぐ暑さ対策ができます。

・ツバが広い帽子
・着替え
・タオル、ハンカチ
・汗拭きシート
・塩飴、タブレット
・経口補水液
・冷却シート
・冷風扇
・うちわ、扇子
・夏用マスク

これらの暑さ対策グッズに加えて、食料や飲料水も入れておきましょう。緊急時に買い出しに行く暇はありませんので、日頃からできる準備を全て行っておくことが大事です。

まとめ

日本に住んでいる限り、夏場には地震・台風・集中豪雨などの自然災害に見舞われるリスクがあります。

大規模な自然災害では長時間に及ぶ停電になるケースも多く、エアコンや冷蔵庫の稼働が止まることで熱中症になる人も少なくありません。

夏場の停電時における熱中症対策として挙げられるのが、水分と塩分を補給するための飲料水の確保や、体温を下げられるアイテムの導入です。

EcoFlowでは、停電時にもポータブル冷蔵庫や扇風機を稼働させられる「DELTAシリーズのポータブル電源」を提供しています。

一戸建てのご家庭の場合、容量3,600Wh・定格出力3,000Wという圧倒的なスペックを誇る「DELTA Pro」がおすすめです。

マンションやアパートにお住まいの方には、容量2,016Wh・定格出力2,000Wで「DELTA Pro」よりもコンパクトで軽量な「DELTA Max2000」が推奨されます。

熱中症対策となるポータブルクーラーを導入したい場合には、最大8時間の連続稼働と優れた冷却力を誇る「Wave」が、いつでもどこでも涼しく快適な空間を演出します。

いつ直面するかわからない自然災害と大規模な停電を想定し、この機会にEcoFlowの製品で万全な防災対策を行ってみてはいかがでしょうか。

EcoFlow