ポータブル電源「EFDELTA」が「Makuake」の歴代応援購入総額 最高記録を更新中

提供:PRTIMES

防災グッズやアウトドアアイテムとして幅広いサポーターが応援購入

株式会社マクアケ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中山亮太郎、以下「当社」)が運営する、アタラシイものや体験の応援購入サービス「Makuake(マクアケ)」は、同サービスにおいてプロジェクト実施中のポータブル電源「EFDELTA」が、「Makuake」史上応援購入総額1位の記録を更新したことをお知らせいたします。

2019年11月15日(金)に開始した本プロジェクトは、開始初日に1,300万円以上の応援購入があり、2019年12月26日(木)時点の総額は1億7000万円を超え、現在もサポーターが増え続けており、「Makuake」の歴代応援購入総額の最高記録を更新しています。

「EFDELTA」 は、中国のEcoFlow Technology社が、2017年9月にカリブ海を襲ったハリケーンによる災害支援をきっかけに開発を始めたポータブル電源です。日本における需要を測るためのテストマーケティングを目的に、「Makuake」でプロジェクトを実施しています。

容量1260Wh、定格出力 1600Wという大容量の電源で、冷蔵庫やドライヤーなどの生活家電から、電気自動車まであらゆるものに使用することができ、オプションのソーラーパネルを用いて本体を充電することも可能です。

「Makuake」の応援コメントページには、「キャンプ中でもドライヤーを使える」「キャンピングカーが快適になりそう」といったアウトドア用途から、「電気自動車のバッテリー切れ時の緊急充電用」といった声、「オール電化の家で停電の時に困ったので、非常用に持っておきたい」「もしもの災害の時に頼りになりそう」といった、緊急事態に備えて応援購入をしたサポーターの声が寄せられています。

2019年は、台風・豪雨・地震など日本各地に甚大な被害をもたらした自然災害が相次ぎ、世界的にも異常気象と自然災害による影響が多く見られました。そのような背景からも人々の防災意識がより高まり、日常使いはもちろん災害時にも役に立つアイテムとして、幅広いサポーターから支持を集めていると考えられます。

今後も当社では、新しいものやサービスを生み出し広げようとする国内外の実行者と、それを応援するサポーターをつなぎ、「生まれるべきものが生まれ 広がるべきものが広がり 残るべきものが残る世界の実現」を目指してまいります。

「Makuake(マクアケ)」とは 株式会社マクアケが運営する、「生まれるべきものが生まれ 広がるべきものが広がり 残るべきものが残る世界の実現」をビジョンに掲げる、アタラシイものや体験の応援購入サービスです。

2013年8月のサービス開始より7,000件以上のプロジェクトを掲載し、応援購入総額が1,000万円を超えた大型プロジェクトは200件以上にのぼります。全国100社以上の金融機関との連携により日本各地の事業者が活用しているほか、国内外の流通パートナーとも連携し、プロジェクト終了後も事業が広がるようサポートしています。

また、プラットフォームとしての機能改善にも注力し、プロジェクト実行者とサポーター双方の利便性と満足度向上を目指しています。

引用元:https://www.excite.co.jp/news/article/Prtimes_2019-12-26-36381-38/