EcoFlow DELTA Proエコシステムが
「レッド・ドット・デザイン賞2022」を受賞

2022年4月1日
EcoFlow Technology Japan株式会社

最先端のポータブル電源やクリーンな電力技術を開発するテクノロジー企業、EcoFlow Technology Japan株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役:安齋美子、以下EcoFlow)は、EcoFlow DELTA Proエコシステムが世界三大デザイン賞の一つである「reddot design award(レッドドット・デザイン・アワード)2022」(以下レッド・ドット・デザイン賞)の「プロダクトデザイン」カテゴリーで受賞しました。

レッド・ドット・デザイン賞は、iF DESIGN AWARD、International Design Excellence Awards (IDEA)と並ぶ「世界三大デザイン賞」の一つで、ドイツのノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンター(Design Zentrum Nordrhein Westfalen)が主催する国際的なプロダクトデザイン賞です。「プロダクトデザイン」「コミュニケーションデザイン」「デザインコンセプト」の3つのカテゴリーがあり、この度EcoFlow DELTA Proエコシステムは「プロダクトデザイン」のカテゴリーにて受賞しました。

EcoFlow研究開発センター・センター長のThomas Chan(トーマス・チャン)は、「EcoFlow DELTA Proエコシステムがレッド・ドット・デザイン賞の審査員に認められたことに、大変感銘を受けました。」と述べ、「サステナブルな未来を創造する製品の開発を目指すことは弊社のデザイン哲学です。開発の初期段階からこの理念を念頭に置き、EcoFlow DELTA Proエコシステムの研究開発を成し遂げました。この度の受賞は、EcoFlowにとって、新たな栄誉であり、今後の研究開発に向けての節目にもなるでしょう。 」とコメントしました。

2021年7月には応援購入サイトMakuakeでポータブル蓄電池DELTA Proの先行販売を開始し、開始から6時間足らずで応援購入金額1億円突破の記録を達成しました。その後、10月には、EcoFlow DELTA ProエコシステムのコアであるDELTA Proが、アメリカのメディアTIME誌の「2021年の発明ベスト100(THE BEST INVENTIONS OF 2021)」に選出されました。

<EcoFlow DELTA Proエコシステムについて>
https://bit.ly/deltapro_ecosystem_jp