ソーラーパネル

ソーラー発電とは?ソーラーパネルを選ぶ際に押さえるべきポイント

一家に一台備えておきたいポータブル電源。キャンプや車中泊などに出かけたときや、災害で停電が続くとき、スマートフォンを充電したり調理家電に電力を供給したりするのに役立ちます。ただ、欲を言えば、ポータブル電源の残量が少なくなった時、電源に接続できない状況でも充電できればより便利ですよね。

そんな時は、場所を選ばず充電できるソーラーパネル(ソーラーチャージャー)をポータブル電源に組み合わせてみてはいかがでしょうか。今回はソーラー発電の仕組みから、ソーラーパネルの活用方法、さらにソーラーパネルを選ぶ際のポイントをご紹介します。

ソーラー発電とは?|ソーラーパネルを選ぶ際に押さえるべきポイント

一家に一台備えておきたいポータブル電源。キャンプや車中泊などに出かけたときや、災害で停電が続くとき、スマートフォンを充電したり調理家電に電力を供給したりするのに役立ちます。ただ、欲を言えば、ポータブル電源の残量が少なくなった時、電源に接続できない状況でも充電できればより便利ですよね。

そんな時は、場所を選ばず充電できるソーラーパネル(ソーラーチャージャー)をポータブル電源に組み合わせてみてはいかがでしょうか。今回はソーラー発電の仕組みから、ソーラーパネルの活用方法、さらにソーラーパネルを選ぶ際のポイントをご紹介します。

ソーラー発電とは?ソーラー発電の仕組みと基本

ソーラーパネルからどのように電気が発生するのでしょう。まずは基本的なソーラーパネルの作りから太陽光発電の仕組み、種類や単位を見ていきます。

ソーラーパネルの構成

ソーラーパネルは主にセル、モジュール、アレイの3要素で構成されています。

・セル:最も基本的な単位です。1枚の大きさは約10㎝四方で、セルを組み合わせることでソーラーパネルになります。

・モジュール:セルを複数枚並べて板状に加工したもので、屋外で利用することを念頭に、樹脂や強化ガラスなどで保護されています。

・アレイ:モジュールを並べ、並列・直列に繋いだもののことです。

太陽光発電の原理

ソーラーパネルは太陽電池でできており、導線で結ばれたn型とp型の2種類の半導体が張り合わされています。太陽光が半導体に当たると、n型半導体にマイナスの電子、p型半導体にプラスの正孔が集まり、電子が導線を伝って正孔のほうへと移動します。この電子の流れを利用し、電気を発生させます。これが、ソーラーパネルで太陽光発電を行う原理です。

単結晶セルと多結晶セル

ソーラーパネルは素材別にシリコン系・化合物系・有機系の3種類ありますが、最も一般的に使われているのはシリコンです。シリコン系のソーラーパネルは、単結晶セル・多結晶セル・アモルファスシリコン・HIT(ヘテロ接合型)の4つに分類されます。

このうち、多結晶セルは導入コストが安いのが特徴で、発電量が大きくなる産業用として多く使われています。一方、単結晶セルは変換効率が高いため、現在日本の家庭用設備に使われるソーラーパネルにおいて、主流となっています。

EcoFlowのソーラーチャージャーには最先端単結晶シリコンセルが使われており、22%の高い変換効率を実現。日照条件を最大限活用し、電力を効率的に提供できます。

変換効率

変換効率とは、ソーラーパネルに照射された太陽光エネルギーからどの程度電気エネルギーに変換できるかを表す指標です。ソーラーパネルは変換効率が良い程性能も高く、同じ条件下でより多くの電気を発電できるとされています。

変換効率を表す方法は2つあります。1㎡あたりのソーラーパネルの変換効率を表す指標を「モジュール変換効率」といい、ソーラーパネルの性能を表す一般的な指標として使われています。一方、ソーラーパネルの最小単位・1セルあたりの変換効率を表す指標のことを「セル変換効率」といいます。

発電量の単位

発電量の単位としてよく使われるのは「kW」と「kWh」です。kWはソーラーパネルが瞬間的に出力する発電能力を表す単位で、kWhはソーラーパネルが1時間あたりどの程度発電できるかを示す単位です。設備の能力を示す方法には主にkWが用いられます。

ポータブル電源ソーラーパネル

ソーラー発電の仕組みと基本

ソーラーパネルからどのように電気が発生するのでしょう。まずは基本的なソーラーパネルの作りから太陽光発電の仕組み、種類や単位を見ていきます。

ソーラーパネルの構成

ソーラーパネルは主にセル、モジュール、アレイの3つ要素で構成されています。

・セル:最も基本的な単位です。1枚の大きさは約10㎝四方で、セルを組み合わせることでソーラーパネルになります。

・モジュール:セルを複数枚並べて板状に加工したもので、屋外で利用することを念頭に、樹脂や強化ガラスなどで保護されています。

・アレイ:モジュールを並べ、並列・直列に繋いだもののことです。

太陽光発電の原理

ソーラーパネルは太陽電池でできており、導線で結ばれたn型とp型の2種類の半導体が張り合わされています。太陽光が半導体に当たると、n型半導体にマイナスの電子、p型半導体にプラスの正孔が集まり、電子が導線を伝って正孔のほうへと移動します。この電子の流れを利用し、電気を発生させます。これが、ソーラーパネルで太陽光発電を行う原理です。

単結晶セルと多結晶セル

ソーラーパネルは素材別にシリコン系・化合物系・有機系の3種類ありますが、最も一般的に使われているのはシリコンです。シリコン系のソーラーパネルは、単結晶セル・多結晶セル・アモルファスシリコン・HIT(ヘテロ接合型)の4つに分類されます。

このうち、多結晶セルは導入コストが安いのが特徴で、発電量が大きくなる産業用として多く使われています。一方、単結晶セルは変換効率が高いため、現在日本の家庭用設備に使われるソーラーパネルにおいて、主流となっています。

EcoFlowのソーラーチャージャーには最先端単結晶シリコンセルが使われており、22%の高い変換効率を実現。日照条件を最大限活用し、電力を効率的に提供できます。

変換効率

変換効率とは、ソーラーパネルに照射された太陽光エネルギーからどの程度電気エネルギーに変換できるかを表す指標です。ソーラーパネルは変換効率が良い程性能も高く、同じ条件下でより多くの電気を発電できるとされています。

変換効率を表す方法は2つあります。1㎡あたりのソーラーパネルの変換効率を表す指標を「モジュール変換効率」といい、ソーラーパネルの性能を表す一般的な指標として使われています。一方、ソーラーパネルの最小単位・1セルあたりの変換効率を表す指標のことを「セル変換効率」といいます。

発電量の単位

発電量の単位としてよく使われるのは「kW」と「kWh」です。kWはソーラーパネルが瞬間的に出力する発電能力を表す単位で、kWhはソーラーパネルが1時間あたりどの程度発電できるかを示す単位です。設備の能力を示す方法には主にkWが用いられます。

ソーラーパネルとポータブル電源をセットで持っているメリット

ソーラーパネルとポータブル電源のセットを持っていることで、以下の3つのメリットがあります。

災害時のバックアップ電源になる

日本では、地震や台風などによる災害がいつどこで起きてもおかしくありません。ライフラインが止まり、停電で電気が使えなくなる状況も想定されます。そのため、災害時の住宅用太陽光発電の重要性が指摘されていて、国も住宅用太陽光発電設備や蓄電池の導入を推奨しています。

ソーラーパネルなら、停電などで電力が供給されていない時でも太陽光から発電することができ、その電力を電化製品に使うことができます。ポータブル電源の充電もできるため、停電が長期に渡った時も安心です。

キャンプや車中泊で活用できる

キャンプや車中泊などでも同様です。ランタンやバーナーなどのアウトドア用品をイチから揃えようと思うと大変です。

しかし、ポータブル電源があれば、調理家電やサーキュレーターなどの自宅で使っている電化製品を現地に持ち込み、まるで自宅にいるかのように快適に過ごすことができます。ソーラーパネルで発電もできれば、ポータブル電源の充電切れの心配もありません。

クリーンエネルギーのため環境保護に貢献できる

太陽光発電で得られるエネルギーは再生可能エネルギーのため、資源枯渇の心配をせず繰り返し使うことができます。また、ソーラーパネルは、発電時に地球温暖化の原因の1つであるCO2を排出しません。

パリ協定でCO2の削減目標が提示されるなど、世界的にも再生可能エネルギーの利活用が注目されています。風力発電やバイオマス発電などもありますが、日本では特にこの太陽光発電の導入が進められています。家庭単位で環境保護に貢献できる方法の1つが、太陽光発電なのです。

EcoFlowソーラーパネル

ソーラーパネルとポータブル電源をセットで持っているメリット

ソーラーパネルとポータブル電源のセットを持っていることで、以下の3つのメリットがあります。

災害時のバックアップ電源になる

日本では、地震や台風などによる災害がいつどこで起きてもおかしくありません。ライフラインが止まり、停電で電気が使えなくなる状況も想定されます。そのため、災害時の住宅用太陽光発電の重要性が指摘されていて、国も住宅用太陽光発電設備や蓄電池の導入を推奨しています。

ソーラーパネルなら、停電などで電力が供給されていない時でも太陽光から発電することができ、その電力を電化製品に使うことができます。ポータブル電源の充電もできるため、停電が長期に渡った時も安心です。

キャンプや車中泊で活用できる

キャンプや車中泊などでも同様です。ランタンやバーナーなどのアウトドア用品をイチから揃えようと思うと大変です。

しかし、ポータブル電源があれば、調理家電やサーキュレーターなどの自宅で使っている電化製品を現地に持ち込み、まるで自宅にいるかのように快適に過ごすことができます。ソーラーパネルで発電もできれば、ポータブル電源の充電切れの心配もありません。

クリーンエネルギーのため環境保護に貢献できる

太陽光発電で得られるエネルギーは再生可能エネルギーのため、資源枯渇の心配をせず繰り返し使うことができます。また、ソーラーパネルは、発電時に地球温暖化の原因の1つであるCO2を排出しません。

パリ協定でCO2の削減目標が提示されるなど、世界的にも再生可能エネルギーの利活用が注目されています。風力発電やバイオマス発電などもありますが、日本では特にこの太陽光発電の導入が進められています。家庭単位で環境保護に貢献できる方法の1つが、太陽光発電なのです。

ソーラーパネルを選ぶポイント

ソーラーパネルの購入を検討し始めると、様々な製品があるため、どれを選んだら良いのかわからなくなることもあるかもしれません。自分にあったソーラーパネルを選ぶためにおさえておきたい4つのポイントをご紹介します。

ソーラーパネルの使用シーンを想定

まず、自分がどのようなシーンでソーラーパネルを使用するかを想定し、必要な容量・大きさのソーラーパネルを選びましょう。自宅などから動かさず据え置きで使うなら、大容量タイプのものが便利です。

一方、キャンプや車中泊、災害時の避難生活など、持ち運んで使いたいと考えているなら、折りたたみ式などのコンパクトタイプがオススメです。

EcoFlowのソーラーチャージャーなら、収納ケースが付いて持ち運びに便利。また、この専用ケースはキックスタンドにもなるので、ソーラーチャージャーを任意の方向に配置できます。

エコフローソーラーパネル

パネルのワット数の考え方

ソーラーパネルを接続する機器の容量に合わせて、パネルのワット数の大小を検討しましょう。小型のポータブル電源などに接続するなら、EcoFlow 110WソーラーチャージャーEcoFlow 160Wソーラーチャージャーなど、小さいワット数でも対応できます。

大容量発電機などに接続して使う場合、小さいワット数のものだとフル充電できるまでに長時間かかってしまいます。そういった際は、EcoFlow 400Wソーラーチャージャー* など、大きいワット数のパネルを1枚用意すると良いでしょう。

また、小さいワット数のパネルを複数連結させて使う方法もあります。コンパクトに収納しておきたい、持ち運んでの使用も検討したい方に向いています。

*2022年春頃に一般発売予定

防水性と防塵性は十分か

キャンプやハイキング、車中泊など、屋外でソーラーパネルを使用したいと考えるなら、防水性と防塵性の高いものを選ぶこともとても重要です。外来固形物(異物)と水の侵入に対する保護性能(防水・防塵性能)を表すIP保護等級(IPコード)という規格があるため、その数値が高いものを選ぶと良いでしょう。

IPコードでは、防塵性能は0~6の7等級、防水性は0~8の9等級に分かれています。EcoFlowの160WソーラーチャージャーはIP6・7と、高い防水・防塵性を備えています。

防水性能に関する注意事項:

1. 弊社ソーラーパネルは、使用温度-20~85℃でIP67レベルに合格しております。30分以上浸水させないようご注意ください。また、少し濡れる程度であれば問題ございませんが、雨や天候が良くない際は、ソーラーパネルを屋内に収納することを推奨しております。

2. 数日間にわたって雨に濡れる状況でのご使用は、製品保証の範囲外となりますのでご注意ください。

ソーラーパネルエコフロー

ポータブル電源との互換性

ソーラーパネルが自分の手持ちのポータブル電源や市販のものとの互換性を備えているか、購入前に確認する必要があります。高い太陽光入力と幅広い電圧範囲をサポートするMC4コネクタが備わっているものを選ぶと、あらゆるデバイスに対応できるのでオススメです。

EcoFlowのソーラーチャージャーは、MC4コネクタが備わっているため、市販のポータブル電源との互換性が高いのも特長です。

EcoFlow RIVERシリーズと接続するなら、1枚のEcoFlow 160Wソーラーチャージャーで電力をまかなえます。DELTAシリーズならば、最大3枚のEcoFlow 160Wソーラーチャージャーと接続可能で、より効率的な太陽光発電を実現できます。

エコフローソーラーパネル

ソーラーパネルを選ぶポイント

ソーラーパネルの購入を検討し始めると、様々な製品があるため、どれを選んだら良いのかわからなくなることもあるかもしれません。自分にあったソーラーパネルを選ぶためにおさえておきたい4つのポイントをご紹介します。

使用シーンを想定

まず、自分がどのようなシーンでソーラーパネルを使用するかを想定し、必要な容量・大きさのソーラーパネルを選びましょう。自宅などから動かさず据え置きで使うなら、大容量タイプのものが便利です。

一方、キャンプや車中泊、災害時の避難生活など、持ち運んで使いたいと考えているなら、折りたたみ式などのコンパクトタイプがオススメです。

EcoFlowのソーラーチャージャーなら、収納ケースが付いて持ち運びに便利。また、この専用ケースはキックスタンドにもなるので、ソーラーチャージャーを任意の方向に配置できます。

パネルのワット数の考え方

ソーラーパネルを接続する機器の容量に合わせて、パネルのワット数の大小を検討しましょう。小型のポータブル電源などに接続するなら、EcoFlow 110WソーラーチャージャーEcoFlow 160Wソーラーチャージャーなど、小さいワット数でも対応できます。

大容量発電機などに接続して使う場合、小さいワット数のものだとフル充電できるまでに長時間かかってしまいます。そういった際は、EcoFlow 400Wソーラーチャージャー* など、大きいワット数のパネルを1枚用意すると良いでしょう。

また、小さいワット数のパネルを複数連結させて使う方法もあります。コンパクトに収納しておきたい、持ち運んでの使用も検討したい方に向いています。

*2022年春頃に一般発売予定

防水性と防塵性は十分か

キャンプやハイキング、車中泊など、屋外でソーラーパネルを使用したいと考えるなら、防水性と防じん性の高いものを選ぶこともとても重要です。外来固形物(異物)と水の新入に対する保護性能(防水・防じん性能)を表すIP保護等級(IPコード)という規格があるため、その数値が高いものを選ぶと良いでしょう。

IPコードでは、防塵性能は0~6の7等級、防水性は0~8の9等級に分かれています。EcoFlowの160WソーラーチャージャーはIP6・7と、高い防水・防塵性を備えています。

防水性能に関する注意事項:

1. 弊社ソーラーパネルは、使用温度-20~85℃でIP67レベルに合格しております。30分以上浸水させないようご注意ください。また、少し濡れる程度であれば問題ございませんが、雨や天候が良くない際は、ソーラーパネルを屋内に収納することを推奨しております。

2. 数日間にわたって雨に濡れる状況でのご使用は、製品保証の範囲外となりますのでご注意ください。

ポータブル電源との互換性

ソーラーパネルが自分の手持ちのポータブル電源や市販のものとの互換性を備えているか、購入前に確認する必要があります。高い太陽光入力と幅広い電圧範囲をサポートするMC4コネクタが備わっているものを選ぶと、あらゆるデバイスに対応できるのでオススメです。

EcoFlowのソーラーチャージャーは、MC4コネクタが備わっているため、市販のポータブル電源との互換性が高いのも特長です。

EcoFlow RIVERシリーズと接続するなら、1枚のEcoFlow 160Wソーラーチャージャーで電力をまかなえます。DELTAシリーズならば、最大3枚のEcoFlow 160Wソーラーチャージャーと接続可能で、より効率的な太陽光発電を実現できます。

使用シーンや用途に合わせて、最適なソーラーパネルを

ソーラーパネルで発電した電力は再生可能エネルギーで環境に優しい上、バックアップ電源としても非常に役立ちます。

ソーラーパネルを選ぶ際は、用途によって、大きさやワット数など重視するポイントが変わってきます。自分がどんな時に何と接続してソーラーパネルを使いたいのかを想定して選ぶことで、必要な電力を最適なスピードで賄うことができます。より効率的に発電し、ポータブル電源と合わせて活用していきましょう。

EcoFlowソーラーチャージャーを詳しく知りたい方はこちら

使用シーンや用途に合わせて、最適なソーラーパネルを

ソーラーパネルで発電した電力は再生可能エネルギーで環境に優しい上、バックアップ電源としても非常に役立ちます。

ソーラーパネルを選ぶ際は、用途によって、大きさやワット数など重視するポイントが変わってきます。自分がどんな時に何と接続してソーラーパネルを使いたいのかを想定して選ぶことで、必要な電力を最適なスピードで賄うことができます。より効率的に発電し、ポータブル電源と合わせて活用していきましょう。

EcoFlowソーラーチャージャーを詳しく知りたい方はこちら

EcoFlow