EcoFlowアプリについて

EcoFlowアプリダウンロード

EcoFlowのポータブル電源を専用アプリケーションとペアリングして、簡単に操作できます。

*注:EcoFlow専用アプリは、EFDELTA以外のポータブル電源、スマート発電機、ソーラートラッカー、スマートホームパネルを対応できます。

  • EcoFlow専用アプリケーションをダウンロード(Android)
  • EcoFlow専用アプリケーションマニュアルPDF

EcoFlowアプリのペアリング方法

【IOTモード 】

IOTモードでは、アプリのネットワーク接続プロセスが完了すると、デバイスがインターネットに接続されます。一度接続すれば、スマートフォンがインターネットにアクセスできる限り、いつでもどこでもEcoFlowアプリを使用して、デバイスをリアルタイムで監視/制御できます。デバイスをIOT モードにするには、ネットワーク接続を行います。以下の手順に従って、ネットワーク接続を完了させます。

ペアリング手順

①[デバイスリスト]ページの右上隅にある[+]アイコンをタップして、使用するデバイスを選択します。

②ページに表示される指示に従います。Wi-Fi アイコンの点滅が始まるまで[IOT]ボタンを長押しします。[液晶パネルのWi-Fiアイコンが点滅していますか]にチェックを入れて[次へ]をタップします。

③スマートフォンのWi-Fi 設定で、[EcoFlow_XXXX]という名称のホットスポットをタップして接続します。正常に接続されたらアプリの画面に戻ります。

④インターネット接続設定画面で、Wi-Fiリストの[更新]ボタンをタップし、設定したホットスポットを選択します。正しいパスワードを入力し、[接続]をタップします。

※注:
①デバイスがネットワークに接続されたら、スマートフォンを使用してモバイルネットワーク経由でデバイスを制御できます。デバイスが使用できない Wi-Fi ネットワークに接続されている、またはインターネットにアクセスできない場合、デバイスはオフラインになり、デバイスを制御できなくなります。

②1 台のデバイスは 1 つのアカウントにのみ接続できますが、1 つのアカウントを使用して複数のデバイスを接続できます。

③現在、デバイスは 2.4 GHz Wi-Fi のみサポートしています。

【直接接続モード】

Wi-Fi 直接接続モードでは、スマートフォンはデバイスのホットスポットに直接接続されるため、インターネットに接続しなくても、デバイスをリアルタイムで表示/制御できます。このモードは、Wi-Fi ネットワークを利用できない屋外環境に適しています。複数のユーザーがデバイスのホット スポットに接続し、同時に同じデバイスを制御できます。 以下の手順に従って、デバイスを Wi-Fi 直接接続モードに切り替えることができます。

ペアリング手順

①デバイスの[IOT RESET]ボタンを 3 秒間長押しして、ビープ音が聞こえたらボタンを放します。デバイスの 液晶パネルの Wi-Fi アイコンが点滅し始めます。

②スマートフォンの Wi-Fi 設定を表示し、[EcoFlow_xxxx]という名称のホットスポットを見つけます。

③見つけたホットスポットをタップして接続します。

④EcoFlowアプリを開くと、接続されたデバイスが表示されます。

※注:
①直接接続モードでは、液晶パネルの Wi-Fi アイコンが点滅し続けます。

②直接接続モードでは、スマートフォンは、インターネットにアクセスできない Wi-Fi ネットワークに接続されるため、ファームウェアの更新またはデバイスの接続解除を実行できません。

③直接接続モードでは、スマートフォンは 1 つのWi-Fi ネットワークにのみ接続できるため、デバイスリストには 1 台のデバイスのみが表示されます。

④接続状態を安定させるために、デバイスのできるだけ近くにスマートフォンを置いてください。IOT 接続モードに切り替える場合は、デバイスを再起動してください。

⑤デバイスが再起動するたびに、IOT モードになります。直接接続モードに切り替える場合は、[IOT]ボタンを長押しする必要があります。