青森ねぶた祭において、 EcoFlow製品を日立が運行する環境配慮型ねぶたに活用 – EcoFlow Japan

青森ねぶた祭において、
EcoFlow製品を日立が運行する環境配慮型ねぶたに活用

太陽光由来のエネルギーを活用した、DELTA Proシリーズ搭載の脱炭素ねぶたを出陣

EcoFlowのDELTA Proシリーズ及び400Wのソーラーパネルが、2022年8月2日(火)~7日(日)に開催される「令和4年度青森ねぶた祭」において、株式会社日立製作所東北支社(以下、日立)が運行する、脱炭素ねぶたに活用されます。

※掲載している画像は令和3年度の写真を使用し、画像の一部はイメージです。実際の仕様とは異なる場合がございます。

今回3年ぶりの開催となる青森ねぶた祭において、日立は燃料型発電機を使用せず、太陽光由来のエネルギーを活用した、蓄電池搭載の脱炭素ねぶたを初めて運行します。

具体的には、EcoFlowの400WソーラーパネルでDELTA Proシリーズを充電し、ねぶた本体に搭載することで、ねぶたのライトアップの電源として使用されます。これにより、従来では祭の期間中にねぶた本体が排出していたCO₂排出量を削減することができます*1。100%再生可能エネルギーを使用した大型ねぶたが青森の夏の夜を照らすのは、長い歴史を持つ青森ねぶた祭において初の試みです。

*1 従来の、ディーゼル発電機を使用する場合との比較。2019年度実績値から試算し、最大約 170kg の削減。万が一、悪天候等の事情により十分な充電が難しい場合は、通常のコンセントによる充電を行う可能性がございます。

日立は、世界の脱炭素化をリードし、サステナブルな社会の実現に貢献することを目標に掲げています。EcoFlowは、日立の100%再生可能エネルギーを使用した大型ねぶた実現の想いに感銘を受け、ポータブル電源史上最高級のDELTA Proシリーズ及び400Wのソーラーパネルを使用し、脱炭素ねぶたを実現すべく本プロジェクトに参画いたしました。

■日立連合ねぶた Web サイト:
https://www.hitachi.co.jp/about/corporate/area/tohoku/nebuta/index.html

• 脱炭素ねぶた運行に使用される製品