災害大国とも呼ばれる日本

近年は、毎年のようにどこかで大規模な風水害が起こっています。そして地震・台風・集 中豪雨のいずれにも起こりうる二次災害、それが停電です。
一度停電すると復旧までに時間がかかるケースも多く、日常生活や仕事に大きな支障が出 てしまいます。

いざという時、少しでも困らないように、停電が起こると何が不便なのか、自分と家族を 守るには何を用意すればいいのかをチェックしておきましょう。

停電はなぜ起きる?

停電とは、送電が一時止まって電気が使えなくなること。
電力会社から家庭までの電気の流れに異常が起きた時、停電が発生します。
そして自然災害が多い日本において、停電につながる原因は様々です。

地震の影響
地震が発生し、地面の液状化や家屋倒壊等の影響で電柱や電線、または地中に埋設しているケーブルが損傷し、停電が発生することがあります。
台風の影響
強風で飛ばされたトタン等で電線が損傷したり、土砂崩れによって電柱が倒れたり、電線が損傷し、停電が発生することがあります。
大雪の影響
電線にたくさんの雪が付着すると、大きな雪のかたまりになる場合があります。そこに強い風が吹きつけると、電線が大きく揺れて電線同士が接触してショート(短絡)し、停電が起きることがあります。
重機による設備損傷
地面を掘削する工事のミスで地中埋設ケーブルが損傷したり、クレーン等が空中の送電線に接触してしまったりすると、停電が発生することがあります。
他にも落雷、水害等、
停電の原因はさまざま。

現代の私たちの日常生活は電気に支えられています。電気が止まると、あらゆる場面に支障が出ますし、停電が長引くほど不安や混乱が広がっていきます。特に自然災害による大規模停電は、復旧に時間を要し、停電範囲が被災地以外にも広がる可能性があります。

停電が起こると一番困ることは?

こちらは「停電になった場合に最も困ること」に関するアンケート結果です(※1)。

1位:「冷蔵庫が使えない」
2位:「冷暖房が使えない」
3位:「照明器具が使えない」
4位:「携帯電話の充電ができない」
1位:「冷蔵庫が使えない」
2位:「冷暖房が使えない」
3位:「照明器具が使えない」
4位:「携帯電話の充電ができない」
(※1:2022年4月 日本トレンドリサーチによる「節電に関するアンケート」調査対象:東京・東北電力管内に在住、または通勤している男女)

1位はダントツで「冷蔵庫」

停電すると、冷蔵庫内の保冷は2~3時間しか保ちません。停電が解消されずに時間が経つと、災害時であるのに貴重な食材を腐らせて捨てなければならないことも。これはかなり困りますよね。

「冷暖房器具」が使えない状
況は季節によっては死活問題

夏にエアコン、冬に暖房器具が使えなくなると、夏の暑さや冬の寒さにひたすら耐えなければならず、体調不良に陥る人も出てきます。

「照明器具」が使えず真っ暗
になることで、不安が増長。

夜になると真っ暗になって、ほとんど動けなくなってしまいます。お子さんのいるご家庭は、特に大変な状況になるはずです。

安否確認から情報収集、停電時は「通信機器」が頼りになる。

電源が切れてしまうと、二次災害の情報などを集めることができませんし、連絡手段はほぼ経たれてしまいます。災害時などは焦ってしまいますが、できる限り温存しておきたいですね!スマホは単なる連絡手段ではなく、照明代わりや情報収集など色々なことに活用できるため、停電の経験者からは「非常時には、スマホの充電だけは死守できるように!」というアドバイスが多いようです。

「停電したら困る」とみんな思っていても、意外と備えをしている人は多くないようです。2021年1月のパナソニックのアンケート結果(※2)では、7割以上の人が自然災害への備えが「全くできていない」「どちらかといえばできていない」と回答しています。
※2:防災意識を調査!災害停電経験者から災害時の備えのヒントを学ぶ ―もしもの備え白書2021― 

防災準備、何を用意しておけばいいの?

停電への不安を解消するためには、あらかじめ対策しておくことが重要です。 そして停電への備えは、電源の確保だけではありません。冷蔵庫が冷えなくなりますし、オール電化ならコンロも使えなくなります。食べもの、飲みものが欲しくても、お店で買えるとは限りません。ですから、停電対策は広い視野で必要なものを考えて、用意しておきましょう。

これからご紹介する防災グッズは停電だけでなく、地震や水害での避難時にも有効です。

・食料(アルファ米、乾パンなど) 3日分
・飲料水 1人あたり1日3リットル
・紙皿、紙コップ、割り箸など
・ウェットティッシュ
・常備薬
・手回し式充電ラジオ
・懐中電灯、充電式LEDランタン
・乾電池
・モバイルバッテリー

停電したら何が困るのかを想像して備え ていたつもりでも、実際に必要なものの種類は思ったより多 かったり、数が足りなかったりするかもしれません。 災害時、すぐに避難所に行けないこともあります。また、避難 所の物資もすぐには揃わなかったり、状況によっては在宅避難 の継続を余儀なくされたりする可能性もあります。 最近だと、新型コロナウイルスに感染している場合、避難所が 対応していないこともありえます。

いざという時に自分や家族を守るのは、日ごろからの備えに他なりません。そしていま準備済みの方も、乾パンなどの賞味期限が切れているかもしれません。この機会に、一度荷物を見直して、必要なものを必要な分だけ備蓄しておきましょう。

通常の防災グッズの他に、
備えておくといいものは?

停電してしまうと普段通りの生活が送れなくなりますが、逆に「電源」を用意しておけば、かなり生活も気持ちも楽になります。
ここでは、停電時に電源を確保するためのオススメ商品をご紹介します。

ポータブル電源
停電時に安全に電気を供給できる便利なアイテムが「ポータブル電源」です。長時間にわたって家電へ給電できます。

たとえば真夏に台風による停電が長引いたとき、熱中症対策は大切ですよね。
エアコンを稼働させたい場合は、圧倒的な容量と出力を備えたEcoFlowのDELTA Proがおすすめです。

DELTA Proは、容量3,600Wh・定格出力3,000W! 停電時にクーラーや冷蔵庫を同時に稼働させることができます。

さらにDELTA Proを2台用意してダブルボンテージハブ(オプション品)で接続すれば、定格出力6,000Wとなり、起動時に出力3,000Wを超える200Vの家庭用エアコンも安定的に稼働させることができます。
ソーラーパネル
災害によっては、停電が長期化することもあります。そんな最悪の事態を見据えてプラスαで揃えておきたいのが、「ソーラーパネル」です。太陽光発電で電気を生み出すことができれば、充電切れの心配をせずにスマホや家電製品を使うことができますね。

EcoFlowのソーラーパネルは折り畳み式で持ち運びにも便利です。さらに、かさばらないよう工夫を凝らしているため、狭いスペースにも設置が可能です。どれくらいの容量がいいかは各家庭の人数や停電時に使う家電の数などによりますが、両面受光型の「220Wソーラーパネル」や発売中の製品で最も入力が大きい「400Wソーラーパネル」を準備しておくと安心です。

電力確保がポイント! 万が一に備え、EcoFlow蓄電池がおすすめ ソーラーパネル併用で、より長期間使用できます!

EcoFlow RIVER Pro
+ 160Wソーラーパネルセット

  • 容量:720Wh
  • AC出力:600W
  • ソーラー充電:5.5-11 時間
¥119,020
さらに詳しく

EFDELTA
+ 220W両面受光型ソーラーパネル

  • 容量:1260Wh
  • AC出力:1600W
  • ソーラー充電:7-14 時間
¥202,540
さらに詳しく

DELTA Max 2000
+ 220W両面受光型ソーラーパネルセット

  • 容量:2016Wh
  • AC出力:2000W
  • ソーラー充電:11.5-23 時間
¥238,430
さらに詳しく

DELTA Pro
+400Wソーラーパネルセット

  • 容量:3600Wh
  • AC出力:3000W
  • ソーラー充電:11-22 時間
¥549,500
さらに詳しく

各ポータブル電源がどのくらい使えるか、
わかりやすい目安はこちら

こちら

ご家庭にピッタリのポータブル電源を探すために、
停電時に利用したい電気製品の消費電力をチェック

ポータブル電源を購入しようと思っても、価格や性能が色々あって選びにくいですよね。ポータブル電源を購入するときのポイントは、停電時に使いたい家電に合わせること。まずは、「稼働時間シミュレーター」を使って、自宅の家電の消費電力をチェックしてみましょう。
必要な電力がわかったら、何日間の停電に備えるかを含めて、用意しておきたいポータブル電源を決めることができますね。

稼働時間シミュレーター
ご利用予定の電子機器の消費電力を入力してください
W
製品
電源容量 720Wh 1260Wh 2,016Wh 3,600Wh
予測稼働時間 0時間0分

災害前に読んでおきたいEcoFlowブログ記事

EcoFlowブログでは、この記事の他にも、災害時に役立つ情報を発信しています。
ぜひ、この機会にご覧ください。

防災対策をあらためて考える - 国内外で発生した自然災害の事例

> 詳しく見る

停電への備え、あなたは十分ですか? ご家庭で用意したい防災グッズ

> 詳しく見る

災害時の備えとして家庭用の発電機を持っていた方がいい?

> 詳しく見る

地震や停電で大事な人を守るために-防災士が教えるもしもの備え

> 詳しく見る

2022年の夏、
電力ひっ迫が大きく報道されています

お住まいの地域の電力情報は、以下のURLから確認できます。

セール会場へ