防災活動支援および寄贈先の募集

EcoFlowでは、日頃から地域のために安全なコミュニティ形成に取り組む地方自治体・団体様に、防災活動支援とチャージング製品の寄贈を行っています。

EcoFlowの想いに賛同いただき、防災活動における連携をご希望される地方自治体・教育機関の関係者の皆さまは、下記の募集概要をご確認いただき、エントリーフォームよりご応募ください。

EcoFlowの想い

災害への備えとして、非常食や衛生用品の備蓄と同じように「エネルギー」の備蓄の重要性はますます高まっています。EcoFlowはだれでも電力へ簡単にアクセス出来るような社会を実現する事を使命とし、日本全国の皆様の防災活動のお役に立てるよう、電力確保が可能な環境を創り出すサポートができればと思います。

EcoFlowの防災パートナーになるメリット

・EcoFlow防災タワーや防災ボックス、EcoFlowキャンピングカー(充電ステーション車両)等を無料でご提供・お貸出しいたします。これらは災害時や地域のイベント等でご活用いただけます。

詳しくは募集概要の「支援内容」をご覧ください。

・弊社商品を使用して開催された防災支援活動やプロジェクトの様子を、弊社のオウンドメディアで掲載いたします

募集概要

■募集期間
2022年8月30日(火)~2022年9月30日(金)

■支援内容(一部抜粋)
EcoFlowでは、防災活動におけるあらゆる取り組みが実現可能です。
・EcoFlow防災タワー、防災ボックス、防災ハンドブックの寄贈
・ポータブル電源、ソーラーパネルの設置
・非常時、災害時のEcoFlowキャンピングカーによる電力供給支援
・EcoFlow Houseでのオフグリッド生活体験イベント実施
・スマートホームパネルを使用した防災体験イベントの実施

■応募資格
地方自治体、日本国内の教育機関

■選考結果の発表
2022年10月(予定)
EcoFlowより、全ての応募者様にご連絡します。
EcoFlowの地方自治体への防災支援の詳細や活動実績は、公式ウェブサイトにてご報告します。